読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゃべれどもしゃべれどもが「4つ星」の納得価格 2017年度

格安
(小説)真っ直ぐな性格の噺家さんのお話で悩みを抱えた登場人物やその他の人々みんな個性的で芯は優しく魅力的でした。よく行く日記ブログの方が「辛くなった時何度でも読む」と仰っていたので。古典落語にこだわる二つ目が!わけありの面々に落語を教えることとなり!自分の落語のあり方!人生でコミュニケーションとは何かを考え成長していきます。

下記の商品です!

2017年01月29日 ランキング上位商品↑

ゃべれどもしゃべれどもしゃべれどもしゃべれども [ 佐藤多佳子 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

読むのはまだまだ先になりそうです。なかなか面白かったです。物語を通して心に響く好きな言葉になりました。ただし落語ファンには物足らない部分もあるかな。コミュニケーションって、難しい。面白かったです!面白そうな文庫本を買いだめしています。。今年!1番心をつかまれた本です。武蔵野・三鷹辺りが舞台で親近感もありました。今昔亭三つ葉こと達ちゃん、いとこで気の弱いハンサムテニスマンの良、関西弁キッズ村林、黒猫こと十河五月、元プロ野球選手湯河原みんな不器用で訳あり者、達ちゃんを育てた茶道家のちゃきちゃきばあちゃん、落語を通して繰り広げられる物語が暖かく、やさしくラストもなんかいいじゃんっておわりかたでした。自分も、人前で話すのあまり得意でないですが、何かこの本でヒントをもらったような気がします。前年ちょっとしたブームになった「落語」のお話です。登場人物がみんな個性的でいきいきとしていてとても魅力的です。映画が徳島には来なかったので原作を読んだ。どんな作家さんでも何かを伝えたくて作品を作っているのだと思いますが、こんなに素直に伝わる事も珍しく最高の読後感をもたらしてくれました。この方の作品は初めてだったので他の作品も読んでみようと思います。「一瞬の風になれ」や「サマータイム」、「黄色い目の魚」もオススメですが、この本もオススメなのでぜひ読んでみてください。タイトルが素敵ですね。落語を題材にした非常にユニークな小説です。最後の解説にも書いてありましたが派手な殺人事件が起こる訳でもなく!ただただ普通な恋愛物ですがハラハラドキドキして!最後には自分でも「噺」を聞きに行きたいと思いました。最初はちょっと読み進みにくかったですが!中盤からは一気に読めました。ただ映画化になり三つ葉役をトキオの国分君、三つ葉の師匠役が伊東四朗さん、十河五月をカリナの配役だったみたいですが達ちゃんのイメージは国分君ではないし十河もカリナではない、伊東四朗さんだけはピッタシと感じました。面白かったです!気持ちをきちんと伝えないで相手に分かってもらおうとついつい思ってしまう自分を反省しました。映画が先に有名になりました。平成20年度の高校放送コンテスト朗読部門の課題作品のひとつです。映画化されたので気になって。佐藤多佳子さん大好きです。作中に出てくる「一期一会」と言う言葉。しゃべる!伝える!というテーマにそった!話す側聞く側の視点をうまくとらえているなと感じました。壁にぶつかり悩みもがく落語家の主人公と、生き方のあまりに不器用なヒロイン役との掛け合いに、なぜだかなごんでしまいました。ひと癖ある人たちの愉快な騒動。主人公の短気な所や意外に弱気な所など自分に似ていて親近感を覚えました。ここでは買っていませんが!映画のサントラもゆずの主題歌といい!インストロメンタルのテーマ曲といい!落語といい本当に最高です。骨のある若者を主人公にした青春小説です。落語初心者でもまったく問題なく読めてそれぞれの悩みの背景が気になり一気読みです。映画もよかったですが!原作はもっと良い。最近、3年間使っていた携帯電話が壊れてしまい買い換えたところ、お試し版が入っていたので読んでみたら面白かったので購入しました。軽い読み口にも!人付き合いに!苦労している人の様子が秀逸です。私は図書館で借りて読みましたが!子供にも読ませたいので買いました。あたたかい気持ちになるし最終場面が冬だし、これから読むのにいいかもです。前評判通りで、DVDも必ず見なくちゃ!落語に今まで以上に興味が持てました。